2017-05- / 04-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>06-

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012.09.17 (Mon)

初心者練習第3回!

 
 HP担当です。
9月14日、初心者練習第3回が終了しました。
今日の記事は、同じくトレーナーの田辺先生に
お願いして書いて頂きました。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
 14日の初心者練習では、まず、女声・男声に分かれて
ウォーミングアップするところから始まりました。
 
 女声はボディーマッピングの説明からこんにゃく体操で体をほぐし、
発声はハミングからマスケラを意識して声を響かせるように練習
しました。
 
 その後、さらにソプラノとアルトに分かれてパート練習。
 
 ソプラノは練習時間の最初半分は今までやったところを復習し、
発音やフレーズの流れをより良いものにするためのポイントを
確認しました。

 そして、後半は練習番号[S]と[T]。
 
 特に[T]のソプラノは本当に「いやがらせ!?」と思うくらい高い音ばかり
が続き、何回も繰り返し練習するなんて不可能な箇所です。そこで
曲のリズムにのせて歌詞を読んだり、オクターヴ下げて予備練習を
何回もしてから満を持して実音で歌いました。
それでも、高いAの音が続くと皆さん「ヒー」っとなってしまうのは仕方の
ないことです。高音を出し慣れていないということと、まだ音が頭に定着
していないのですから。これから少しずつ慣れていきましょうね。
 
 2年目の方が
「去年は新しい音を覚えたり、慣れないドイツ語を歌うので精一杯でしたが、
今年は先生のおっしゃっている意味が少し分かるような気がします。」
とおっしゃっていました。そうなんです。どんなに発声や音楽的なことを
アドヴァイスしても、一年目の方たちはそれどころじゃないですよね。
とにかく音とドイツ語なんです。これは本当にもう、慣れしかないです。
何回も繰り返して練習しますから、心配しないでください。

 来週はいよいよ「ドッペルフーガ」です。パートごと違う動きをしますから
まずは自分のパートをしっかり確認しましょう。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 私は主に男声の練習を担当していますが、
女声も充実した練習を積み重ねているようですね。
ゆっくり頑張っていきましょう。

 田辺先生が撮影された写真です(指導は鈴木先生)。

9-14 023アルト2


 
スポンサーサイト
00:17  |  練習  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメント:を投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメント:を表示  (現在非公開コメント:投稿不可)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバック URL

→http://niigatadai9.blog.fc2.com/tb.php/30-f790c8fb

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック:

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。